購入するとき

玄関の取手

住宅を購入するのであれば、不動産会社を利用することが一般的です。そのときに仲介手数料などを支払うことがありますが、そのときには小手指を利用することで、様々なメリットが生まれるので覚えておきましょう。

Read More

ムダにしないこと

数本の銀の鍵

住宅のローンを支払うことがきつくなってしまったときには任意売却という手段を取ることで解決できるようになります。しかしその場合には一人で抱え込まずに相談することでより良い方法を見つけることができることもあります。

Read More

安心できる

地域の街並み模型

brilliaは不動産会社の中でも様々な品質が高い企業です。そんなbrilliaを利用する前にはどんな不動産会社なのかしっかりチェックしておくことが大切なので、ここで細かいデータを紹介します。

Read More

玄関の取手

数本の銀の鍵

地域の街並み模型

オススメリンク

  • 空き家管理プログレス

    不要になっている不動産を所有していませんか?空き家管理をプロに一任しましょう。土地活用や売却のことまで一括して相談できますよ。

注意すること

マンションのリビング

マイホームを手に入れるために所沢の不動産会社のおすすめランキングと口コミ情報をチェックしたい方はこちらのサイトへ。

不動産の売買契約をするときに大事なのが、契約時によく契約内容を読むことです。不動産の売買契約をするときにサインをするのが「不動産売買契約書」と「重要事項説明書」です。特に重要事項説明書は購入する不動産の契約内容に関することを具体的に記載してある書面なので、とても重要になります。一般人には難しい専門用語で記載されていることもあり、すべての内容をよく把握するのは大変です。 しかし、内容をよく読んでいなかったばかりにあとで契約を後悔することもあります。一生に一度の大金が動く契約なので、大変でもしっかりと熟読することが大切です。また、営業担当者と取り交わした約束ごともすべて書面にして契約内容に織り込んでもらう事も大事です。

自己所有住宅には様々な種類があります。注文住宅、建売住宅、分譲マンションなどがあり、さらに新築住宅と中古住宅に分けることができます。 以前なら家といえば注文住宅派が多数を占めましたが、今は経済的な理由から建売住宅や分譲マンションを選ぶ人が多くなっています。建売住宅は住み替えがしやすく、すぐに新生活をしたい人に便利です。分譲マンションは新築だと完成する前に売買契約をする必要があります。新築分譲マンションはホテルのように豪華な設備とセキュリティーがあるのが魅力です。 また、今は中古一軒家や中古マンションを買ってリフォームをしてから住む人が多いそうです。リフォーム費用を含めても新築住宅よりも低予算で購入できます。