購入するとき

玄関の取手

住宅を購入する場合、不動産会社に仲介をしてもらい、その土地や建物を購入します。 この場合、買主は購入時に不動産会社に対して仲介手数料を払わなければなりません。 この仲介手数料がなかなか高額で、不動産会社の景気がいいのは仲介手数料が高額だからと言われています。 実は、この仲介手数料払わずに不動産を購入することが可能なのです。単純な話ですが、不動産会社を通さずに売主から直接物件を購入すれば、仲介手数料を払う必要はありません。 ただし、その時の問題は、売主が誰かわかりにく言うことなのです。

では、どのようにして売主を見つけることができるでしょうか。物件を売り出している場合、そこの会場で売主は誰かを聞いても普通は答えてくれません。なぜなら、不動産会社にとってなんらメリットがないからです。 ただ、ごくまれに売主が直接物件を売っている場合がありますので、それを見つけてみてもいいでしょう。 ただ、あなたは売り主ですかと逐一聞いて回るのも面倒です。そこで、1つ良い方法があります。それは登記所に行ってその土地の登記が誰名義になっているかを調べることで、その土地物件の売主がわかります。売主はその土地を購入した場合、一時的とは言え必ず登記をしているはずです。 多少お金はかかりますが、これがいちばん確実に売主を見つける方法です。